top of page

清明

 バタバタしているうちに3月も終わり、今年もあっという間に4月に…


 一昨日の4月5日は二十四節気の一つ「清明」の日でした。花が咲いて春らしくなる季節です。「清明」は「清浄明潔」を略した呼び名だそうで、春先の陽光に照らされ、草木など万物が明るく清らかで生き生きした状態のことを言います。「清明」は「生命」に通じるのでしょうか。


 歩いて眼科に行き、お天気が良かったので帰り道ちょっと遠回りしたら、何だか吸い寄せられるように立派な桜の木に出会いました。こんな所に公園があったんだ…

 小さな公園で、お母さんと子供たちが滑り台やブランコに乗って遊んでいる光景を見て、思わず「桜、とてもきれいですね~」と声をかけました。「ここの桜はきれいなんですよ。」とお母さん。ちょっとしたやりとりでしたが、とても嬉しく感じました。


 この日は義父の命日でもあり、桜の木を見上げながら、「世の中が清明になりますように。」と願いました。


 




 




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page